歯科治療を行うことの重要性|理想の歯並びをシミュレーション

定期的に確認を

口を開けて治療中

歯は子供の時から大事にしなければいけません。最近は歯科でフッ素を塗ってもらうことで虫歯を予防することが出来るようになりました。出来るだけ早くし歯科でフッ素を塗布してもらうことです。子供の時から歯を丈夫にする努力をすることも必要です。食事の時にゆっくりと何回も噛む癖をつけることが歯を丈夫にする秘訣です。大人の歯に入れ替わる前に顎を丈夫にすることで歯が抜け替わった時に歯並びが良い歯にすることが出来ます。子供の時の努力が歯にとっては大事なことです。そのため歯の状態は常に確認をすることです。

歯科には定期的に通って診察を受ける必要があります。毎日一生懸命歯を磨いても歯には歯石が溜まります。歯石が溜まると歯周病にかかり、それが悪化すると歯槽膿漏になってしまいます。虫歯が無くても定期的に歯科に行って診察を受けると同時に歯石を取ってもらうことが大事です。歯周病を起こさないことが年を経っても歯が健康である条件です。万一歯槽膿漏になってしまえば入れ歯にしたり、インプラントを埋め込まなければならなくなります。最近は歯科医の技術も進歩をしていますので以前ほど不自由というわけではありませんが、いつまでも自分の歯で食事をすることが出来るのとは大きな差があります。歯の健康を常に気にするようにしていなければなりません。